アロマのティーツリーオイルのアタマジラミ駆除シャンプー頭しらみを駆除する方法や頭ジラミの原因、感染をふせぐ方法などを解説。
個人的には頭しらみの駆除にティーツリー入りの頭じらみ駆除用エッセンシャルブレンドがおすすめ!天然素材を使っているのでお子様にも安心して使えますよ。

コロモジラミとは?

コロモジラミとは?
頭しらみや毛しらみの他にコロモジラミという種類のしらみがいます。
あまり聞きなれないですが、これは人の体ではなく人の下着などの衣服に生息して、 吸血して生きています。
見た目は頭しらみ(じらみ)と形や大きさが似ています。

けれども、コロモジラミは、「発疹(はっしん)チフス」などの 感染症を媒介する力をもっています。しかし、日本でコロモジラミに寄生されることはめったにないようです。

コロモジラミの写真(名古屋市衛生研究所さま)

コロモジラミの生態
コロモジラミの卵は、おもに人の下着などの衣類の縫い目や折り目などに産み付けられます。卵は白っぽく大きさは0.5mmぐらいです。
一週間ぐらいで孵化(ふか)し、幼虫になります。そして3回ほど脱皮して約3週間で成虫になります。

成虫の大きさは約2~4㎜で、寿命は約1.5ヶ月です。めすの成虫は一日約10個の卵を産み、一生のうちに約200個の卵を産むといわれています。
幼虫も成虫とも吸血しますし、おす、めすとも吸血します。空腹時のコロモジラミは白っぼいのですが、 血を吸うと赤黒くなります。

コロモジラミ駆除の方法
コロモじらみの卵、幼虫、成虫は55℃以上の温水に5分間ほどつけると死んでしんまうため、熱湯処理をすれば大丈夫です。

コロモじらみに寄生された人が使ったシーツ、布団カバー、タオルなどを55℃以上の温水に5分間ほどにつければ、卵から成虫まで死滅させすることができます。

下着も同じようにすればいいのですが、捨ててしまったほうがいいようです。
コロモじらみに寄生された人は、お風呂に入って清潔にし、衣服を新しいものに変えれば大丈夫です。

コロモジラミの駆除は、洗濯と掃除で駆除できるので、とくには薬剤を使う必要はないようです。


コロモジラミ予防の方法
普通の生活をしていればコロモジラミに寄生されることはまずないです。もしも偶然にコロモジラミが寄生しても、普通の生活していれば大丈夫です。

つまり、洗濯をすると、縫い目にいる成虫のコモロジラミは落ちてしまいます。
卵は洗濯では落ちずにしっかりとくっついていますが、孵化(ふか)して、幼虫になっても、洗濯した時に落ちてしまうので、 普通に洗濯をしていれば自然に駆除されるのです。

コロモジラミが増える条件
普通に生活していれば、もしコロモジラミに寄生されても自然にいなくなってしましますが、不潔な生活をしているとコロモジラミは 増えていきます。

不潔な生活というのは、お風呂にはいらなかったり、洗濯などをせず、下着も替えたりせず、掃除もしなかったりする生活の ことです。

特に高齢者の1人暮らしの方だと、あまり洗濯をまめにやらなかったり、かゆくてもあまり気にならなかったり してなかなか気がつかないこともあるようです。


しらみはというのは増えてきているのでしょうか?


このページの先頭へ